成功するために知っておきたい!アムウェイのビジネスの上手な伝え方とは?

成功するために知っておきたい!アムウェイのビジネスの上手な伝え方とは?

「アムウェイビジネスで周りの人と良い関係を保ちながらコニュニティーを広げるために良い勧誘方法を知りたい」

「アムウェイのビジネスを始めたが、なかなか誘いを受けてくれる人が見つからない」

このようにお考えの方も多いでしょう。

今回は、アムウェイビジネスで自分のコニュニティーを広げていくために必要なことと、注意する必要があることを紹介します。

アムウェイは悪徳商法とも勘違いされやすい分、もし快く話を聞いてもらえる方法があれば知っておきたいですよね。ぜひ参考になさってください。

上手なアムウェイビジネスの伝え方とは

アムウェイビジネスで大きな成果を手に入れるためには、自分のコミュニティーを広げていくことが必要です。

しかし、むやみに勧誘をしていても効果的にコミュニティーを作ることはできず、最悪の場合は関係が悪化してしまうことがあります。

ここでは自分のコニュニティーを広げるために最適な伝え方を紹介します。ぜひ参考になさってください。

アムウェイビジネスの丁寧な説明をする

まず大前提として、ネットワークビジネスに良くない印象を持っている方がいることを覚えておきましょう。

良くない印象を持っている方に向かって、むやみに会員になるように勧誘するのは逆効果です。

そのような方には、まずアムウェイビジネスについて詳しく説明をして、アムウェイの会員になるとどのような良いことがあるのかを紹介しましょう

そこで相手が少しでも興味を示したなら、そこで初めて会員の説明をしていきます。

商品を売る際も会員に勧誘する際も、相手の立場になって考えることを最重要視して、自分の利益だけを追い求めてることは避けるようにしましょう。

アムウェイビジネスや製品について熟知する

アムウェイのビジネスを伝えるにあたって、より上手に伝えるためには具体的にどうすればよいのでしょうか。

そもそもアムウェイのビジネスで成功するには、ビジネスの仕組みや製品の良さなど、アムウェイについて相手にわかりやすく伝えることが必要です。

とはいえビジネスにあまり関心がない人は、アムウェイの簡単な説明だけ聞いても悪徳商法に捉えてしまう可能性がありますよね。

したがって、まずアムウェイに対しての誤解を解くことから始めましょう。

誤解を解くためには、まずアムウェイの製品の特徴や内容を正確に伝える必要があります。誠心誠意、ビジネスや製品について説明することが、信用を獲得することにつながるでしょう。

アムウェイのビジネスを伝える際の注意点とは

アムウェイのビジネスについて誰かに紹介する際、伝えたい内容や手段はさまざまあります。

直接個人に会って伝える方法、メールやSNSなどインターネットで伝える方法が代表的なものとして挙げられます。

しかし、いずれの場合も伝えたい内容や伝え方、ターゲット層には注意が必要です。

無理やり商品を売り込まない

まずはお客様に対して、無理やり商品の売り込みをしないことが重要です。

自分の利益だけを追い求めて一方通行のコミュニケーションをしてしまうと、お客様に商品を買ってもらえる可能性が低くなるだけでなく、アムウェイに対する良くないイメージを持たれてしまいます。

無理やり売り込むのではなく、お客様のニーズを理解して、その方におすすめできる商品について魅力的に伝えられるようにしましょう

そのためにはお客様のことだけでなくアムウェイの製品についても十分に理解しておく必要があります。

アムウェイビジネスで大きな成果を手にするためには、客観的に物事を考える力を身に着けることが必要です。

次はアムウェイビジネスの会員に勧誘する際のポイントを紹介します。

友達はなるべく勧誘しない方がよい理由

アムウェイビジネスを始めたてのころは、早く成果をあげたいと考えてしまい、連絡しやすい周りの友達をいきなり勧誘をしている方は少なくないのではないでしょうか。

ただし、久しぶりに再会する友人の場合は、あまりアムウェイのビジネスの説明をすることをおすすめしません。この勧誘は自分にとってマイナスになる可能性がかなり高いからです。

世の中のビジネスは、消費者の要望(需要)を満たすための販売者のサービス・商品の提供(供給)で成り立っています。その商品やサービスに興味のない人に営業をしても、なかなか利益は出せません。

これを前提に考えると、勧誘した友達がアムウェイビジネスにたまたま興味がない限り、会員になってくれる可能性はかなり低いといえるでしょう。

さらに始めたてのころは、自分自身でもアムウェイビジネスについてあまりよく理解していない状態だと思います。

その状態では、興味のない方に対して自分のコミュニティーに入ってもらえるような説明をするのは難しいのではないでしょうか。

また、勧誘対象が友達であった場合、怪しい勧誘をしてくる人として悪いうわさがたってしまい、交友関係が悪くなる可能性があることを念頭に置いてください。

それでも友達に対してアクションを起こしたい場合、いきなり勧誘をするのではなく、まずはメッセージを送ったり、年賀状でやり取りをするなどして関係性を築くところから始めましょう。

こうした場面で気をつけたいのが、ビジネスに関することは一切考えないという事です。とにかくまずは、相手との距離を縮めたいという気持ちを大切にしてください。

ある程度距離が近くなり機会を作れるようになったら、きちんとビジネスの話であることを事前に打ち明けて会うようにしましょう。

アムウェイビジネスの悪い印象を与えないために

コミュニティーを広げていくための勧誘方法には注意すべきポイントがたくさんあります。

間違った方法で勧誘をするとさまざまなデメリットがあるだけでなく、アムウェイの規約違反になることもありますので注意するようにしましょう。

これからは勧誘をする際に注意すべきポイントについて、さらに具体的な例を出して説明していきます。

誇張しない

1つ目は、「誰でも簡単に稼げる」などといった怪しいととらえられる言葉を使うことです。

アムウェイビジネスは誰でも簡単に稼げるビジネスではありません。自分の利益のために表現を誇張したり、事実ではないことを伝えたりするのは避けましょう。

何度も勧誘しない

2つ目は、何度も勧誘を続けることです。

1度勧誘した時にアムウェイビジネスに少し興味を示したからといって、その後しつこく勧誘することはやめましょう。

興味があった人でも勧誘のしつこさが理由でやる気がなくなってしまうなど、自ら機会損失してしまう可能性があります。

さらにアムウェイでは、勧誘の強要は禁止されています。規約違反には注意してください。

もし断られた場合には

アムウェイビジネスについて伝えても、勧誘を断る方も多くいらっしゃるでしょう。

こうしたことが続くと、自分に自信を無くす方や不満に思われる方も増えてきますが、実際これは普通のことなのです。

「2対6対2の法則」とよばれるものがあるように、同様の説明を10名に対して行っても、その中のおおよそ2割しか実際に行動に移してくれません。

行動を起こしてくれない8割のうち、2割は行動を起こすのに後ろ向きな人、あとの6割はすぐには行動を起こさない慎重派の人たちだからです。

つまり基本的にタイプとして行動を起こさない人が多いわけですから、誘いを断られたとしても、それは自分自身の人格が否定されたというわけではありません。したがって、必要以上に落ち込むことはありません

とはいえ、断られた相手の批判もしっかりと受け止めることも重要です。もしかすると、そうした相手の意見の中から、次へと活かせる内容が出てくるかもしれません。

「せっかくこれほどいい話を持ってきたのに」と残念な気持ちになるかもしれませんが、そういった感情を表に出すのは控えましょう。

それは自分の周りの人間関係を壊し、信用を失ってしまうことにもなりかねませんし、アムウェイビジネスに対する悪印象にもつながります。

こうしたことをするよりも、断られた場合でも相手の意思や気持ちを汲んだうえで、しっかりとご縁はつないでおきましょう

まとめ

今回は、アムウェイビジネスで自分のコニュニティーを広げていくために必要なことと、注意しなければいけないことを紹介しました。

ビジネスを伝える手段としてはさまざまありますが、上手に話を進める方法としてはまずしっかりと誤解を解き、本心で話をすることが重要です。

ぜひ今回ご紹介した断られた際の対処法などもご参考に、アムウェイのビジネスでの成功を目指しましょう。

アムウェイ製品を高価買取いたします

アムウェイ商品

アムウェイ製品の高価買取ならMLM買取専門店のベストケアオンラインにお任せください。創業22年の老舗専門店ならではの知識と経験で皆様のビジネスをバックアップいたします。

アムウェイ買取はこちら

当社おすすめ、独自のアムウェイポイント(予約)買取なら、全製品査定なしでアムウェイ製品を高価買取いたします。

アムウェイ ポイント買取はこちら

当社のアムウェイ製品ポイント買取ご利用者様がタイトル獲得のご報告を兼ねて特別にインタビューに応じてくださいました!

アムウェイビジネス成功者に聞く

...

MLM買取専門店ベストケアオンライン

ニュースキン、アムウェイ、ミキプルーン(三基商事)、フォーデイズ、モデーアを中心に買取しております。宅配買取中心のため、東京・大阪・名古屋・福岡等でご活動中のお客様多数。ぜひご相談ください。

人気記事