ニュースキンの在庫を転売する前に知っておきたい。身バレリスクや違法性は?

ニュースキンの在庫を転売する前に知っておきたい。身バレリスクや違法性は?

ブレイクアウェイ方式であるニュースキンビジネスにおいて、最も多いお悩みは「在庫が大量に溜まってしまう」ということ。ビジネスをされている方の中には、在庫を解消するために転売を検討しているものの、身バレによるペナルティが懸念となって、なかなか踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げると、フリマサイトを利用して在庫を解消するのはリスクやデメリットが多く、お薦めしません。増えてしまった在庫を安全に処分するのであれば、MLMを専門にしている買取店を利用することです。

ご存じのとおり、ニュースキンはコンプライアンス委員会(CRC)を設置しており、ディストリビューター(ブランドメンバー)の活動を検証・監視しています。ニュースキンが定めるコンプライアンスに違反していることが発覚した場合、会員は特定され、改善措置の対象となります。

改善措置の内容としては、ビジネス活動の監視や教育指導から、重篤な違反になるとコミッション減額やタイトル降格・解約といった措置もあります。

転売行為についてもニュースキンが定めるコンプライアンス違反に該当するため、特定された場合は上記の改善措置の対象となります。

本稿では、なぜ転売はリスクが高いのか詳しく説明するとともに、転売は合法なのか違法なのか?という疑問にもお答えしながら、より安全な在庫解消方法についてもお伝えします。

在庫を抱えてしまう背景

ニュースキンを含むMLM企業では、それぞれが独自の「ランクアップ制度」を実施しています。

ニュースキンの仕事内容を簡潔に言うと、(1)小売販売(2)自分から始まったビジネスメンバー育成の二つになります。

そのうち(2)自分から始まったビジネスメンバー育成が特に重要視される理由は、自分から始まった組織の流通金額から報酬をもらえる権利が発生するからです。

しかし、ニュースキン社から与えられた義務(営業ノルマ)を達成しないと報酬をもらえる事ができません。ニュースキンは正当なMLM(マルチレベルマーケティング)を採用したビジネスですので、ノルマはあります。

また、ニュースキン製品を流通させるために、自己使用分と最低限の在庫は必要だと考えます。在庫を抱えるのが問題ではなく、資金ショートさせる過剰在庫が問題なのです。

過剰在庫を現金化したいと考えたときに思いつくのが「フリマ・オークションサイト」への転売です。しかしながら、安易にそれを多用してもよいものなのでしょうか?

たくさんの在庫を抱えることに…

ニュースキン商品の転売市場

メルカリ、ヤフオク、ラクマといったフリマサイト・オークションサイトを見ると分かるように、各種サイトで多くのニュースキン商品が転売されています。特に、メルカリが広く認知されるようになってからは、転売はますます増加傾向にあるように見受けられます。

その理由として、ビジネスの形態上どうしても在庫を多く抱えてしまいがちであるため、それをお手軽に解消したいというディストリビューターのニーズがあることが挙げられます。

また、そもそもニュースキン商品はモノが良いということが一般消費者にも広く認知されているので、ディストリビューターを通さずに商品を使ってみたいというユーザーのニーズが多いこと、またフリマサイトを利用してモノを安く購入することがどんどん一般的になってきていることもニュースキンの転売市場が活発になっている一因となっています。

メルカリの事例

メルカリの出品規約には、2019年3月までMLM商品の出品を禁止する文言が入っていましたが、同年4月に規約内容が変更されており、出品禁止は削除されて「MLM・ネットワークビジネス・マルチ商法などの連鎖販売取引への勧誘を禁止する」という内容になっています(参考ページ)。要は、勧誘行為は依然として禁止されているものの、出品に関しては可能になっているということです。

さらに、今年6月の規約改定によって「転売目的の商品購入禁止」も規約から削除されており、出品側・購入側ともに制限は緩和傾向にあります。

背景として、メルカリが「世界中の個人と個人をつなぎ、誰もが簡単にモノの売り買いを楽しめる」という姿を目指しているということがあります。

メルカリが提供するのは、個人個人が価値観の多様化に合わせて“自由に取引ができる場”であり、MLM商品に関してもお手軽に出品・購入ができるようになっています。このお手軽さこそが、MLM商品の転売にメルカリが多く利用されている理由です。

ニュースキンが転売を監視する理由

出品がお手軽になってきている一方で、実際に転売やオークションに出品されている商品を見ると、新品と謳われていながら本当にそうなのか見分けがつかなかったりするものや、既に使用されたジャンク品だったりするものが少なくありません。

こうした商品が広く出回ってしまうと、ニュースキン側としては一般消費者の手に渡る商品の品質が担保できなくなってしまうとともに、高品質であることを一番の強みとしているブランドイメージも毀損されてしまいます。

特に、ニュースキンの主力商品はサプリメントや化粧品であり、直接口にしたり肌に触れるものです。フリマ・オークションサイトで販売されているようなジャンク品を一般消費者が使用することによって、健康被害が発生してしまうリスクもゼロではないため、ニュースキンとしては商品の玉石混交が激しいフリマ・オークション市場は特に強く監視する必要があるのです。

また、フリマ・オークションサイトでは、ディストリビューターから購入するよりも安く商品を手に入れることができる場合が多いため、消費者としてはわざわざディストリビューターを通して商品を購入する理由が無くなってしまいます。そのため、ディストリビューターが必死に営業活動をしても、「メルカリで安く買えるから要らない」となってしまい、転売が自らの首を絞める行為にもつながってしまいます。

一般消費者の保護という点はもちろん、ディストリビューターのビジネスを保護するという点からも、大手フリマ・オークションサイトは特にニュースキンの監視対象となっているわけです。

転売を監視

ニュースキン製品の転売は違法なの?

まず、結論としてニュースキン製品をフリマ・オークションサイトで転売する行為自体は、法律上の規制はなく違法行為には該当しません。しかしながら、転売のやり方によっては古物営業法や、迷惑防止条例、刑法等に触れる場合もあるので注意が必要です。

例えば、古物商許可を取らずに何度も繰り返し転売を行うと、売買回数や利益額の大きさによっては無許可営業と判断され、古物営業法違反とみなされる可能性があります(事例)。また、実際は未使用でないのにも関わらず、新品未使用と言って販売すると、詐欺罪に該当する可能性が出てきます。

また単に転売がバレた場合に訴訟まで至る可能性は低いですが、転売によってニュースキンのブランドを著しく毀損していたり、ニュースキン側に経済的な損失を与えた場合は法的措置が取られる可能性があります。

また、違法ではないものの、転売行為はそもそもブランドメンバー規約違反となりますので、ニュースキンにバレてしまった場合は、冒頭で説明したような措置が取られます。

フリマやオークションで身バレしやすい理由

フリマ・オークションサイトの場合、個人間の取引となるため、どのような出品者かある程度分かるようになっています。

実際にサイトを見てみると分かるのですが、その出品者がどのような商品を出品しているか、どのような評価を受けているか、どんなプロフィールなのか等の情報は、ログインせずとも見ることができます。

同じ出品者が、ほとんど同じ写真・文言でMLM商品を多数出品していれば、見る人が見れば在庫を多数抱えているディストリビューターであることが分かります。また、やり取りによっては出品者の個人情報が購入者に分かってしまう可能性もあります。

転売に対してはニュースキンも様々な対策を取っているので、判断条件が揃えば、ニュースキン独自のトレーサビリティによって出品しているディストリビューターを特定することができるわけです。

個人間のやり取りは意外と手間がかかる

フリマサイトへの出品はお手軽ではあるのですが、商品に関する質問や値段交渉への対応、発送の手続き、購入取り消しをされた際の対応など、思った以上に手間がかかるというデメリットがあります。

また、フリマ・オークションサイトにはルール違反の出品者を報告するシステムがあるため、出品を取り消しにされる可能性もゼロではありません。

身バレのリスクが高く、労力もかかり、結果自らのビジネスの首を絞めてしまう転売ですが、それでもあなたは利用しますか?

個人間のやり取りはめんどくさい…

安全に在庫解消ができるMLM商品の「買取専門店」

そこでお薦めしたいのが、MLM商品を専門にした買取店を利用することです。MLMの規約や各種メーカー動向を配慮した取引が可能です。

また、買取専門店では、古物営業法や個人情報保護法の下、個人情報を厳密に管理しています。焦って安易な転売にリソースを割くのではなく、まずはMLM企業各社の動向を熟知した買取専門店に相談することをお薦めします。

ニュースキンビジネスで成功するには、抜本的な組織づくりが大切。そのためにも回収できない部分に時間をかけるよりは、潔くスピーディーに在庫を処分し、本来時間をかけるべきところに邁進していくのがベストです。そういった面で買取専門店は、利用価値がとても高いといえるでしょう。

MLM商品の買取専門店「ベストケアオンライン」のご紹介

ベストケアオンラインは、ニュースキンなどのMLM商品の買取を行っている専門店。2003年に創業し、今年で実に20年目を迎える老舗です。

ニュースキンビジネスを熟知しているからこその、高価買取・秘密厳守を実現。1個から大口のお申込みまで幅広く対応していることから、個人はもちろん、多くの法人ディストリビューター様からもご利用いただいています。

全商品査定なしで高価買取予約が可能な、独自の「ポイント買取制度」なども充実。現在庫の高価買取が実現するだけでなく、これから発注予定の方や月末のポイント調整がある方にも、メリットの多いサービスをご提供しています。

また、転売時の「身バレリスク」にも様々な対策を講じています。在庫のお悩みだけでなく、ディストリビューターの懸念点を丁寧に解決できるのが、ベストケアオンラインの強みです。

ニュースキン製品の転売は「買取専門店」を使って賢く安全に!

ニュースキン製品の転売が身バレするリスクや、購入者とのやり取りの手間を考えれば、フリマサイトよりもMLM商品の買取専門店を利用する方が、効率よく在庫処分ができます。ニュースキンビジネスを成功させるためにも、在庫を軽減する際は買取専門店を上手に活用してみてはいかがでしょうか。

ベストケアオンラインは、高価買取と秘密厳守をお約束する信頼できる買取専門店です。ディストリビューター様に寄り添ったメリットの多いサービスをご提供していますので、ぜひあなたのビジネスにご活用ください。

ニュースキン製品を高価買取いたします

ニュースキン製品の高価買取ならMLM買取専門店のベストケアオンラインにお任せください。創業20年の老舗専門店ならではの知識と経験で皆様のビジネスをバックアップいたします。身バレ防止対策を万全に行っています。

ニュースキン買取はこちら

当社おすすめ、独自のニュースキンポイント(予約)買取なら、全製品査定なしでニュースキン製品を高価買取いたします。

ニュースキン ポイント買取はこちら

...

MLM買取専門店ベストケアオンライン

ニュースキン、アムウェイ、ミキプルーン(三基商事)、フォーデイズ、モデーアを中心に買取しております。宅配買取中心のため、東京・大阪・名古屋・福岡等でご活動中のお客様多数。ぜひご相談ください。