ABOあるあるの疑問。「返品になったら、アップにバレますか?」

ABOあるあるの疑問。「返品になったら、アップにバレますか?」

アムウェイでABO(アムウェイビジネスオーナー)としてビジネスをやっている方々の中は、商品を返品した場合にそれが直接的なアップラインにバレるのか気になっている方も多いと思います。

あらためてアップラインとは上位のABOのことで、すなわちあなたをビジネスに誘ってくれた人のことですが、アムウェイビジネスがグループでPVを稼いでいくシステムであることを鑑みると、アップに返品がバレてしまうととても気まずいことであるのは想像に難くありません。

本記事では、アムウェイ製品の返品システムについてご紹介しながら、返品は果たしてアップラインにバレるのかを解説。後半では、返品のことを考えなくても済む賢い在庫処分方法もお伝えします。

アムウェイの返品システムについて

アムウェイでは返品について、特定商取引に関する法律が定める「クーリング・オフ制度」をさらに前進させた「100%現金返済保証制度」という独自のルールを設けています。

これは、アムウェイ製品の購入から1年以内であれば、使用・未使用に関わらず製品の返品ができる(一部製品を除く※)といったものです。

※カタログに「30日超未使用」マークがあるものに限っては、製品受領または納品書受領日のいずれか遅い方の日付から30日を超えると返品できません。

アムウェイ製品の返品方法

返品方法は、①返品期限を確認 ②返品申請をして製品を返送するといういたってシンプルな手続きで完了します。

返品申請の方法は2通りあり、一つは「オンライン申請」、もう一つは「返金・返品依頼書」によるものです。それぞれの手順をご紹介します。

【オンライン申請】

  1. amwayliveにログインし、購入履歴から該当注文分の「ご注文内容」を選択
  2. 返品する製品にレ点を入れ、数量を選択後、内容を確認
  3. 「返品および交換規定」にレ点を入れて申請
  4. 申請完了後に発番された返品番号とABO番号を着払い伝票の備考欄に記載して返送

【返金・返品依頼書】

  1. 該当の製品の納品書右側にある「返金・返品依頼書」に必要事項を記入
  2. 製品に返金・返品依頼書を添えて着払いで返送

返品するとPVはどうなるの?

返品が発生すると、注文月に遡ってポイントが差し引かれます。すでにボーナスの支払いが済んでいる場合は、再計算後、返品手続きが実施された月の実績から請求されます。

つまり、稼いだPVは無効になるということです。

アムウェイ製品の返品はアップラインにバレるの?

結論から言うと、返品の情報はアップラインにも知られる可能性があります。もちろん個々の販売や返品の詳細は、個々のABOによって管理されるものではあるのですが、返品がグループの資格達成に影響を及ぼすこともあるため、アップラインの人はダウンの購入や返品についてしっかり管理しているケースも多いでしょう。

アムウェイビジネス解約の場合もバレる

ビジネス解約についても、アップラインにも知られるかどうか気になっている人がいると思います。こちらも返品の場合と同様に、アップラインに知られる可能性があるといえるでしょう。

アップの人に対して「この人が辞めました」という解約通知が届くわけではありませんが、アップラインのグループ管理画面から、辞めた人の名前が消える形で発覚することがあるのです。

逆にいえば、アップラインの人が意識して管理画面を見ていない限り、気づかれにくいとも解釈できます。特にグループの人数が多い場合は、見逃す場合も多いでしょう。

一方で、アップラインの人がグループのメンバーをしっかり管理している場合や、グループが少人数の場合はバレやすくなります。これは返品についても同様のことが言えますね。

アムウェイにもアップラインの人にもバレずに在庫処分する方法とは?

返品以外の方法で在庫処分するとなると、アップラインやアムウェイ側にバレないよう、様々なプラットフォームで転売することを考えると思います。しかしながら、これは昨今の強制解約が示している通り、慎重に行わなければなりません。

アムウェイビジネスでは、広く一般に向けて販売するオンライン上のプラットフォーム(Amazon・楽天・ヤフー・メルカリ・オークションサイトなど)を利用してアムウェイ商品を流通させること、または、このような行為を行う第三者へ、商品を流通させることを、倫理綱領・行動規準にて明確に禁止しています。

特に最近は、アムウェイがルール違反を犯したABOに対して厳しい罰則を課す傾向にあるため、在庫処分をするには、いかに身バレを防ぐかが重要なポイントとなります。

リスクが高いフリマ・オークションサイトへの転売

在庫を転売しようと考えたときに真っ先に思いつきがちなのが、フリマ・オークションサイトです。確かにそれらを覗いてみると、数多くのアムウェイ製品を見つけることができるでしょう。

しかし先述したように、昨今アムウェイはルール違反に対して厳しい罰則を課す傾向にあり、それらに対する監視の目も強めています。とくに出品が目立つオークション・フリマサイトに関しては、現在監視を強化しているため注意が必要です。

もし監視の網にかかってしまえば、製品に設けられたシリアルナンバーですぐに身バレしてしまいます。これらの方法は、もはや得策とはいえない状況であることは心得ておきたいものです。

買取専門店を上手に活用しましょう

身バレリスクを抑えた在庫処分方法としておすすめなのが、MLM製品の買取専門店への売却です。

買取専門店では、MLM企業の動向を常にチェックしながら、各社独自の買取サービスを展開しています。「アムウェイ 買取」などで検索すると、数多くの買取店がヒットするのですが、そこで大切なポイントとなるのが「どの買取店を選ぶか」です。

とにかく身バレを防ぐことが最優先ですので、買取店が買い取った商品をどのような方法で販売しているかが決め手となります。

一番リスクが低くおすすめなのが、買取商品を、フリマ・オークションサイト、ショッピングモールなどではなく、独自ドメインの自社サイトで販売している買取店です。

ベストケアオンラインのご紹介

ベストケアオンラインは、アムウェイをはじめとするMLM製品の買取を専門に、2003年に創業した老舗買取店です。

ベストケアオンラインでは、

  1. 追跡コードを含む身バレ防止の徹底
  2. 買い取った製品は独自ドメインの自社サイトのみで販売
  3. 年間延べ2万人以上の固定顧客へ製品を販売

など、身バレ防止のための対策を徹底し、ABO様に安心してご利用いただけるよう努めています。

在庫の高価買取はもちろん、高価買取がお約束できる製品を必要なポイントに合わせて当社が提示する「ポイント買取サービス」なども実施。アムウェイビジネスに励むABOさまを、力強く支えます。買取店選びに迷ったときは、ぜひ当社の買取サービスをお試しください。

結論:アムウェイ製品の返品はアップラインにバレるので要注意!

ABOは、アムウェイ製品を返品する権利は与えられているものの、それがアップラインにバレてしまう可能性は否定できません。今後ビジネスを続けていく上で気まずくなるのを避けたい場合は、信頼できる買取店で在庫処分するのも一つの方法です。

ベストケアオンラインは、独自の買取システムで秘密を厳守した高価買取を実現します。そもそも在庫を作らない「ポイント買取サービス」もご提供していますので、在庫管理にお悩みの方はいつでもご相談ください。

アムウェイ製品を高価買取いたします

アムウェイ商品

アムウェイ製品の高価買取ならMLM買取専門店のベストケアオンラインにお任せください。創業22年の老舗専門店ならではの知識と経験で皆様のビジネスをバックアップいたします。

アムウェイ買取はこちら

当社おすすめ、独自のアムウェイポイント(予約)買取なら、全製品査定なしでアムウェイ製品を高価買取いたします。

アムウェイ ポイント買取はこちら

当社のアムウェイ製品ポイント買取ご利用者様がタイトル獲得のご報告を兼ねて特別にインタビューに応じてくださいました!

アムウェイビジネス成功者に聞く

...

MLM買取専門店ベストケアオンライン

ニュースキン、アムウェイ、ミキプルーン(三基商事)、フォーデイズ、モデーアを中心に買取しております。宅配買取中心のため、東京・大阪・名古屋・福岡等でご活動中のお客様多数。ぜひご相談ください。

人気記事