本業を超える収入の可能性!アムウェイのビジネスを始めたい方へ

本業を超える収入の可能性!アムウェイのビジネスを始めたい方へ

「アムウェイを成功させたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?せっかくアムウェイを始めるなら、成果を出したいですよね。

アムウェイはネットワークビジネスという方式を採用しており、商品を店舗で販売していません。そのため、あまりよく分からない方も多いのではないでしょうか。

成果を出すうえで、仕組みを正しく理解しておくことが非常に重要です。アムウェイの仕組みについて知り、販売や流通の違いを知りましょう。

アムウェイビジネスとはどんなビジネスなのか

アムウェイという企業は、ジェイ・ヴァンアンデル氏によって創業された非常に優良かつ大規模な企業です。その売り上げは日本で約1000億円、全世界では約1兆円を超えており、アメリカビジネス界を代表するような企業の一つだといえるでしょう。

またアムウェイでは、厳しい認証機関の審査を通過した製品だけを取り扱っています。したがって、機能や原材料ともに十分こだわった製品を購入できます。

ただアムウェイと聞くと、どこかネガティブなイメージをお持ちの方も一部いらっしゃいます。それはアムウェイのダイレクト・セリングという仕組みに起因します。

広告や宣伝を利用者の口コミに頼るというビジネスモデルのため、どうしてもネズミ講と混同されやすいです。しかしその違いは法律的にもしっかりと区別されています。

どのような製品を扱っているか

アムウェイへの知識を付けるため、扱っている製品について解説します。

  • サプリメント
  • 食器用洗剤
  • 台所用品
  • 調味料
  • ドリンク
  • 食品
  • 化粧品
  • バス用品やボディケア商品

アムウェイではこのように幅広い製品が扱われています。

アムウェイ製品の多さは魅力的です。一方で、それぞれに関する情報を覚えることも大切です。いきなりたくさんの種類のものを試してしまうと、負担になりかねません。アムウェイの活動が苦しく感じてしまうことに繋がります。

そのため、最初はできる範囲で始めてみましょう。慣れてきたら、種類を増やしていけるとよいですね。

アムウェイビジネスで利益を出すには

皆さんは、アムウェイの仕組みについてどれくらい知っていますか?

なんとなく知っているという状態で、アムウェイを始めてしまうのはおすすめできません。しっかりと仕組みを知ったうえで始めましょう。

製品を売って利益を出す

ABO(ディストリビューター)になると、まず仕入れ値でアムウェイ製品を購入できるようになります。そうすることで比較的安価に商品を仕入れ、少しそれに上乗せした値段での商品の販売が可能になります。

仕入れ値との差額が利益になり、これが報酬となります。

つまり、たくさん売れば売るほど、たくさんの利益が自分に入ります。時給などではなく、成果を出した分だけ報酬になるため、モチベーションも上がりやすいのではないでしょうか。

ダウンラインを作ってボーナスを得る

小売の利益のほかに、ABO(ディストリビューター)が得られる報酬としては、ボーナスというものがあります。

ボーナスは、各ABO(ディストリビューター)のスポンサー活動や小売活動における取引実績などに応じて支払われます。さらに自らが勧誘した人(ダウンライン)がアムウェイ製品をどれだけ購入・販売したかに応じても、その金額は変動します。

つまり、アムウェイはダウンラインが増えると、収入が増えるチャンスが大幅にアップするのです。

勧誘に成功しただけでは報酬は入りませんが、勧誘によって入った加入者が売上を生むことで、その金額に応じて自分が評価を得られます。つまり、勧誘の達成がゴールなのではなく、勧誘によって入ってきた人が活躍する人材になることがゴールなのです。

成果を出している人を参考にしたり、情報収集をしっかりするなどして、ご自身やグループを成長させていきましょう!

アムウェイの2つの会員とビジネスの仕組みについて

アムウェイには会員制度があり、2つの会員の種類が設けられています。

アムウェイビジネスオーナー(ABO)

1つ目の会員の種類は、アムウェイの個人事業主であるアムウェイビジネスオーナー、略してABO(ディストリビューター)という会員です。

周りの人たちに対してアムウェイから仕入れた商品を売ったり、アムウェイビジネスに勧誘してコミュニティーを拡大していき、アムウェイを大きく展開していく役割を担っている会員のことです。

ABOはディストリビューターとよばれることもあります。ディストリビューターとは分配者や卸売業者を表す言葉です。ABO(ディストリビューター)としてアムウェイに会員登録しなければ、アムウェイビジネスを始められません。

ABO(ディストリビューター)としてビジネスを始めるには、アムウェイビジネスをすでに始めているABO(ディストリビューター)から紹介してもらう必要があります。20歳以上の方(学生・公務員除く)であれば、自由にABO(ディストリビューター)の登録が可能です。

ABO(ディストリビューター)はアムウェイの社員ではなく、独立した個人事業主であるため、ご自身で起業することが可能なのも魅力の一つ。

また、心配される方もいらっしゃいますが、ABO(ディストリビューター)はねずみ講ではありません。

ねずみ講の場合は入会者や小会員(入会者がさらに勧誘した人)が支払った入会金の一部が報酬となります。ただしアムウェイでは製品の流通こそ本来の目的であるため、入会者の支払った入会金がABO(ディストリビューター)の報酬となることはありません。

ABO(ディストリビューター)のスポンサー資格は目まぐるしく変化する法令や決まりをきちんと理解しなければなりません。そのため、資格更新が年に1回必要です。

プライムカスタマー(ショッピングメンバー)

2種類目の会員であるプライムカスタマー(ショッピングメンバー)とは、アムウェイが製品を通常価格よりもお得な値段でショッピングできる会員のことです。

ABO(ディストリビューター)との違いとしては、プライムカスタマー(ショッピングメンバー)の会員のままではアムウェイビジネスは始められません。

あくまでもお得にアムウェイの製品を購入できるのがこの会員の特徴なので、アムウェイビジネスを始めたい方はプライムカスタマー(ショッピングメンバ)ではなく、ABO(ディストリビューター)の会員として登録しましょう。

プライムカスタマー(ショッピングメンバー)になるためのルールはABO(ディストリビューター)と同じく、ABO(ディストリビューター)に紹介してもらうか、学生以外の20歳を超えている方であれば自由に登録できます。

ショッピングメンバーではアムウェイビジネスは始められませんが、年会費が無料なのでプライベートで利用するためにアムウェイ製品を少しでも安く手に入れたい方におすすめです。

アムウェイと一般のビジネスの流通の違い

アムウェイビジネスと一般的なビジネスの間には、流通に関する大きな違いがあります。

一般的なビジネスの流通は、メーカーの作った商品が卸売業者に渡り、それから小売店舗を経由してお客様の手に届くというのが、一連の流れです(店舗販売)。

しかし、アムウェイビジネスは、アムウェイの商品をディストリビューターがその他の企業を介さずに直接お客様に届けられます(ダイレクト・セリング)。

一般的な消費財メーカー

一般的な消費財メーカーは、店舗販売という方法で商品を販売しています。これは、メーカーだけでなく、さまざまな企業が協力して、商品を店の棚に届ける方法といえるでしょう。

店舗販売では、メーカーから卸業者が仕入れた商品を店舗が仕入れます。この商品が店舗の棚に並び、消費者が手に取るという仕組みです。

利益の面では、仲介業者が存在するとモノを運ぶ費用や人件費といったお金が増えるため、利益が減ります。しかし、卸業者を通さなければ仕入れられない製品があったり、リスクヘッジの面でメリットがあったりするため、この方法が多く採用されているといえます。

アムウェイの仕組み

アムウェイはダイレクトセリングとよばれる方法で消費財を売っています。ダイレクトセリングとは、卸業者も店舗も通さず、消費者に直接商品を販売する方法であるといえます。

具体的には、会費を払った上で商品を販売する権利やノウハウを得ます。そして、個人の販売成績やチームとしての販売成績を元に報酬を得ます。

アムウェイの製品を買う際は、直接メーカーであるアムウェイから購入します。そのため、アムウェイを売っている人(ABO・ディストリビューター)から買う際は、メーカーから直接送られてきた商品を渡されていると考えてよいでしょう。

アムウェイビジネスの流通は他の企業を途中で経由しないため、一般的なビジネスの流通で発生する費用(中間マージン)がかからないことが一番の相違点です。

また、一般的な消費財メーカーは消費者にマーケティングを行う際、広告費を掛けて宣伝します。しかし、アムウェイのようなダイレクトセリングを採用している企業は、原則として広告費を掛ける必要がありません。

消費者に情報が伝わる方法としては、口コミやABO(ディストリビューター)が個人的に運営しているブログやSNSアカウントといった媒体を通してが主です。ダイレクトセリングを採用することで、広告費を節約できるというメリットがあるといえます。

ほかにも、アムウェイの商品はABO(ディストリビューター)が直接利用者に届けるため、販売者と顧客の距離が非常に近いといえます。

ABO(ディストリビューター)から直接利用者の手に渡るまでの間で、両者の関係性が深まることがあれば、利用者がリピートしてアムウェイの商品を手に取ってくれる可能性が上がります。

この流通システムのおかげで、ABO(ディストリビューター)としてもお客様とコミュニケーションを取っていくうちに、相手のニーズを満たせるような商品を察して紹介できるので、それぞれの利用者に合った商品を提供できます。

アムウェイの商品を購入してくれた利用者に対して、ABO(ディストリビューター)やショッピングメンバー登録の紹介も可能です。

以上のことから、アムウェイのビジネスが、他の消費財メーカーと大きく異なっていることをご理解いただけたと思います。

アムウェイの報酬システムは

アムウェイは、報酬システムにブレイクアウェイ方式を採用しています。

ブレイクアウェイ方式とは、組織やチームが大きくなるにあたって、活動する会員のグループを切り離し、独立させる方法を指します。

このブレイクアウェイ方式は、成果に応じて組織図が代わり報酬プランもアップしていくため、タイトルごとに異なった報酬プランが適応されるという特徴があります。

ブレイクアウェイ方式のメリットは、アムウェイの会員に効率よく評価を与えられる点と、グループの増加が早いため会員の増加を効率よく行える点だといえるでしょう。上のタイトルを取得すれば、権利収入のパーセンテージも増加しますよ。

そのため、本格的にアムウェイビジネスに取り組む方にとっては、早く独立して自分のチームを持てるため、有利なシステムだといえます。

しかし、副業として行う方にとっては、時間や体力を独立できるほど使えないことが多く、結果を残すのが難しいといえるでしょう。

アムウェイのABO(ディストリビューター)になるためにはいくつかの条件があり、それらをクリアすることでアムウェイ製品を販売できるようになります。

条件としては、「20歳以上であること(学生・公務員以外)」「年会費を支払うこと」「紹介者がいること」の3つしかありません。

ABO(ディストリビューター)は、通常価格の3割引の値段でアムウェイ製品を購入し、それを通常価格で販売できます。

また、アムウェイビジネスをしたいと考えている知り合いを自分のチームに招待できます。つまり、営業チームのリクルートや編成まで自分の手で行えます。

また、チームが大きくなったり、自分がリーダーを務めるチームの成績がよい場合、成績に応じたキャッシュバックが得られます。

ABO(ディストリビューター)にはいくつかのランクがあり、よい成績を納めてポイントを貯めると上に昇格します。

アムウェイのビジネスを始めるにあたって知っておきたいこと

「アムウェイでビジネスを始めると、人間関係に関する問題が起こりやすい」

こうしたことを一度は耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際にABO(ディストリビューター)になると知人にアムウェイ製品やビジネス会員への登録をおすすめするわけですから、こうした問題が全くないとは断言できません。

しかし、その多くがおすすめするときの伝え方が原因で起こります。したがって、一概におすすめしたからと言って必ずしも影響があるわけではありません。

ただし、やはりアムウェイ製品のセールスポイントを誇張しすぎると、アムウェイに対する信頼性だけでなく、おすすめしていた当人の信頼性も低くなってしまうでしょう。

そうならないためにも、日本アムウェイではABO(ディストリビューター)向けにさまざまなミーティングやセミナー、資格テストを含めた制度整備などのビジネスサポートツールが用意されています。またABO(ディストリビューター)同士で自主ミーティングを開催することで、コンプライアンスを高め合うことも可能です。

このように日本のアムウェイでは、ABO(ディストリビューター)のコンプライアンス教育に力を入れていることがおわかりいただけるでしょう。

またアムウェイビジネスでは、その自由さも特徴の1つです。

特にABO(ディストリビューター)に対してノルマが設けられていないため、何を誰に対してどのように売るかは各ABO(ディストリビューター)次第です。

だからこそ、自分が使ってみて本当によかったと思ったアムウェイ製品だけをおすすめしたり、体験に沿って会員として勧誘することが可能だといえます。

アムウェイで成功するために大切なこと

ここまで、基本的なアムウェイの仕組みについて解説しました。

成功させるうえでは、仕組みについて知っておくことが大切であると述べました。ここではさらに詳しく、成功の秘訣について2つご紹介します。

継続的な努力をする

継続的な努力というのは、アムウェイに限らず成果を出すうえで必須です。最初は難しいと感じることもあるかもしれませんが、継続することで徐々に要領を掴んでいけます。

工夫する

最初に継続的な努力が大切であると述べましたが、ただがむしゃらに頑張っても結果がついてくるとは限りません。工夫することも大事です。

例えば、アムウェイのサポートに研修やセミナーの案内があった際には積極的に参加してみましょう。

研修に時間を割くことは遠回りであると感じる方や、その時間を勧誘に使いたいと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、研修に時間を割くことで、ご自身に知識やスキルが付くため、長期的に考えると、より成果を出せる可能性が高まります。

タイトルを目指すために

タイトルを目指してポイントを貯めている方の中には、在庫を抱えて困っていたり、在庫を抱えることが心配で思うように仕入れができなかったりする方がいらっしゃると思います。

タイトルを目指して商品を購入するなら、当社の「アムウェイ ポイント買取」がおすすめです。

アムウェイのポイントが必要な場合、当社にご相談ください。

いつまでに何ポイント必要なのか相談を承ったあと、こちらから指定した商品を購入していただきます。その後、当社まで発送していただき、こちらへアムウェイ製品が届きましたら規定の代金を振り込ませていただきます。

まとめ

今回は、アムウェイビジネスの仕組みについて解説しました。

条件や内容は時間とともに変化していくことがあるので、アムウェイビジネスに興味がある方は始める前にきちんと確認することをおすすめします。

当社は、お客様のアムウェイビジネスを応援したいと考えております。お客様のタイトルやポイントの獲得をサポートさせていただきます。

ご不明点や、アムウェイに関するご相談がありましたら、いつでも当社へご連絡ください。

アムウェイ製品を高価買取いたします

アムウェイ商品

アムウェイ製品の高価買取ならMLM買取専門店のベストケアオンラインにお任せください。創業22年の老舗専門店ならではの知識と経験で皆様のビジネスをバックアップいたします。

アムウェイ買取はこちら

当社おすすめ、独自のアムウェイポイント(予約)買取なら、全製品査定なしでアムウェイ製品を高価買取いたします。

アムウェイ ポイント買取はこちら

当社のアムウェイ製品ポイント買取ご利用者様がタイトル獲得のご報告を兼ねて特別にインタビューに応じてくださいました!

アムウェイビジネス成功者に聞く

...

MLM買取専門店ベストケアオンライン

ニュースキン、アムウェイ、ミキプルーン(三基商事)、フォーデイズ、モデーアを中心に買取しております。宅配買取中心のため、東京・大阪・名古屋・福岡等でご活動中のお客様多数。ぜひご相談ください。

人気記事